ようこそ ゲスト 様

Description of GORE-TEX


防水素材の代名詞的存在の<GORE-TEX>。
防水素材と言えば?誰もが一番最初に名前をあげるであろう<GORE-TEX>ですが、<GORE-TEX>って何?と思ったことはありませんか?
アウトドアブランド?
そこで今回は、<GORE-TEX>について少し説明していきたいと思います。

<GORE-TEX>とは、天然鉱石のホタル石を原料にしたフッ素樹脂を薄い膜状に特殊加工した<ゴアテックスメンブレン>という特殊素材を核に作られた特殊素材になります。厳しい品質テストをクリアし、作り出された<GORE-TEX>素材は抜群の防水性能だけでなく防風性も同時に実現しました。
そして、<GORE-TEX>の最大の特徴である透湿性。これは汗によるムレ(湿気や水蒸気)を外へ放出してくれるという画期的な機能になります。
つまり<GORE-TEX>は、外部からの水分や風は通さないのに内部の湿気は外へ放出し、内部を常にドライな環境に保ってくれる素材ということです。
天候が変わりやすく動いて汗をよくかく登山やアウトドアなどに<GORE-TEX>がよく使われる理由がこれでご理解いただけかと思います。


すでにご存知の方も多いと思いますが、現在ではアウトドア用品だけでなく<GORE-TEX>を使ったシューズも多く作られています。
"防水性があって蒸れない"ということは、どんなシーンでも活躍できる優れものです。一足持ってるとかなり重宝すると思います。
そこで、ここからは<GORE-TEX>素材を搭載したシューズをシーン別にご紹介していきたいと思います。



□アウトドア
近年、アウトドアレジャーを楽しむ方が増えている中で、どの様な靴を履けばいいのかわからないという方も多いと思います。
アウトドアといってもキャンプやフェスの様な楽しみ方からハイキングやトレッキングのアウトドアスポーツとして行う方など様々なものがあります。
色々なアウトドアの形がありますが、どれを履いても快適なアウトドアライフが送れるシューズをブランド毎にご紹介していきたいと思います。


SALOMON
Salomonは1947年の創業以来、フランスのアルプス地方で、遊びを追求してきました。アウトドアスポーツや新技術、職人技に対するSalomonの情熱が、大自然を自由に楽しみ、挑戦するための進歩的なギアの開発力を高めています。 パリのセレクトショップ『THE BROKEN ARM』とのコラボレーションを皮切りに、
近年はファッションブランドやセレクトショップと積極的にコラボレーションを行い、感度の高いファッションピープルからも急速に注目を集めているブランドです。

SALOMON XA PRO 3D V8 GTX

    


SALOMONの商品一覧はコチラ



inov-8
Inov-8(イノヴェイト)はイギリス生まれのオフロードランニングシューズブランドです。
様々な路面環境下に対応した圧倒的なグリップ力と軽量性を誇る<Inov-8>のシューズは、日本においてもトレイルランニングの分野で大きな支持を得ています。
さらにはオフロードのコンセプトをトレッキングやロードランニング、ジム・フィットネストレーニングなどのシューズにも応用し、さまざまなシーンで展開を広げているブランドです。

FLYROC 345 GTX CD UNI V2

    


「FLYROC」シリーズは、2000年代中ごろにオリジナル・モデルが開発されました。
<inov-8>が初めてトレイルランニングシューズにゴアテックスを使ったのがこのモデルでした。
当時、ゴアテックス搭載の345g(27cm/片足概算重量) で「岩を跳ぶように走る」というイメージが名前の由来になったそうです。
2019年、デサントがNEW VINTAGEシリーズ(アーカイブスタイルと最先端の機能・ファッション性を融合させた商品カテゴリー)をスタートさせるにあたり、シューズマーケットの影響力のある方々にヒアリングした結果、復刻を決定したモデルになります。
ローカットに広幅設計で、履き心地もよく、アウトドア・スニーカーとして、様々なライフスタイル・シーンに合わせられ、ゴアテックス内装の防水性機能やアッパーにコーデュラナイロンを採用することで、快適性と耐久性を向上させた仕様となっています。

ROCLITE 286 GTX CD UNI V2

    


「ROCLITE」シリーズは、2000年代中ごろに、オリジナル・モデルが開発されました。
「ROC(岩)+LITE(軽さ)」の造語が示すように、ブランドのコンセプトである軽量性を前面に出したトレイルランニング・モデルを打ち出しましたが、2010年に発表した<286 GTX>は、当時ゴアテックスを搭載したミッドカット・ブーツとしては世界で最も軽いゴアテックス内装ブーツと評されていました。
もともと、この商品のコンセプトは「走ること」ではなく、不整地をいかに早く「歩くこと」という、FASTPACKING用途に適するものでしたが、ブラックを基調にした洗練された外観、軽量性、ゴアテックスの持つ防水性が、多くの一般ユーザーにも評価され、2013年にデサントが<inov-8>をスタートさせてから2018年までの6年間のロングセラー商品となりました。
今モデルは従来品と比べて2つのポイントが改良されています。
・甲高なコンフォートラストを採用し履き心地を向上
・アッパーにコーデュラナイロンを採用し、快適性と耐久性を向上

inov-8 GORE-TEXはコチラ



□タウンユース
アウトドアシーンで役立つ機能性が備わっているだけでなく、普段のお出かけの際におしゃれに着こなしできるファッション性を重視している物も多くあります。
アウトドアのデザインをタウンユース用にアップデートしている物から、普段はいているシューズを雨の日でも気にせず履けるようにGORE-TEXを搭載している物まで幅広く利用できることが特徴です。


THE NORTH FACE
<THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)>は、1968年カリフォルニア州バークレーで創業し、ダウンウエアの原型となるシェラパーカーを発表以降、フレーム入りバックパックやドーム型テントなど数々のイノベーションを送り出してきました。
常に「今のベストであること」をスローガンに確信を続ける世界のトップアウトドアブランドになります。

VELOCITY KNIT LACE II GORE-TEX INVISIBLE FIT

    



VELOCITY KNIT II GORE-TEX INVISIBLE FIT

    



VELOCITY KNIT MID II GORE-TEX INVISIBLE FIT

    


日常で使いやすいアーバンスタイルなデザインに機能性を融合させた全天候型高機能シューズです。
アッパー素材に、防水透湿性と快適なフィット感を追求したGORE-TEX Invisible Fitを採用し、はっ水加工を施したリサイクルストレッチニットアッパーで構成。
表に縫製箇所を見せないニット成型に仕上げ、軽量かつ優れたフィット感を実現しています。さらに、ヒールカウンターを装備することで、ブレやへたりを軽減し、1枚生地で包み込むようなフィット感と天候変化への対応力を向上させています。
ボトムユニットには、反発力とクッション性が高いエクストラフォームを組み合わせた2層圧縮成型ミッドソールを使用。取り外し可能なEVAカップインソールを内蔵し、歩行時の安定感を高めています。
アウトソールは、優れたグリップ力と強度を誇るビブラム N-OILラバー。機能的な素材を用いてシンプルなデザインに仕上げた、快適なシティーライフを演出する一足です。

THE NORTH FACEの商品はコチラ



NIKE
アメリカ合衆国オレゴン州に本社を置く、スポーツブランド。サッカー、野球、バスケットボール等の様々スポーツをサポートし、スニーカーの技術力やデザインレベルの高さが人気です。
シグニチャーモデルやコラボモデル等の幅の広さでファンを虜にしている世界を代表するブランドです。

AIR JORDAN 1 ELEMENT GORE-TEX

    


ジョーダンブランドのスタイルに初めて採用されるGORE-TEXの防水素材で、AIR JORDAN 1をアレンジ。
オリジナルの形とシルエットを継承し、GORE-TEXでアンダーレイとトゥボックスをカバー。
防水性のある上質なヌバックレザーをオーバーレイに使い、保護力を強化しています。
どんな気候にも対応するため、GORE-TEXのインナーブーティー、マチ付きのシュータン、快適な履き口の裏地を使用し、履き心地をキープしています。
リフレクティブ素材のスウッシュ、GORE-TEXロゴ、ヒールに留められたAir JordanのWingsロゴが、エア ジョーダン 1を歴史的かつ革新的にアップデートした一足です。

NIKE GORE-TEXの商品はコチラ



PUMA
プーマ(PUMA AG Rudolf Dassler Sport)は、ドイツヘルツォーゲンアウラッハを本拠地とする世界的なスポーツブランドになります。
スポーツ用品からシューズ、スポーツウェア、ファッションアイテムなど幅広いジャンルで製造から販売までしており、 近年ハイファッションとのコラボレーションを積極的に行っています。

PUMA SUEDE VTG GTX

    


PUMA SUEDE GORE-TEXはコチラ

今作は、永遠の定番の<PUMA SUEDE>をベースに、ゴア社が誇る防水透湿テクノロジーである「ゴアテックス」を搭載したニューモデルになります。
インソックライナーに「ゴアテックス」ファブリックを採用することで、悪天候時の水滴がアッパーサイドから染み込む事を防止しつつ、靴内部の蒸れは外に逃がすことで快適な着用環境を提供。
シュータン部分に関してはも防水加工されたテキスタイルを採用。
また、フォームストリップに採用されているレザーに関しても同様に防水加工を施すなど、「ゴアテックス」ライニングを使用している以外の部分においても徹底的に徹底的に対候性を高めたシューズのつくりになっています。
「ゴアテックス」搭載の証として、"GORE-TEX"ロゴをヒールにエンボス加工が施されています。


CONVERSE
種類が豊富でメンズ・レディース問わず幅広い層より支持される人気スニーカーブランドです。
作業員向けにラバーシューズの製造を行っていた「コンバース(CONVERSE)」は、1917年よりバスケットシューズの製造を開始し、後にアイコンスニーカーとなる「オールスター」を生み出したブランドになります。


ALL STAR 100 GORE-TEX OX

    


CONVERSEの商品はコチラ


最後に、<GORE-TEX>素材が、防水性があって蒸れないからと言ってメンテナンスを何もしないでいいというわけではありません。
<GORE-TEX>素材は靴の表面生地の内側などにあるため為、表面の生地は濡れているような状態になってしまいます。そんな状態でも内部への水の侵入は防げますが、表面も防水・撥水スプレーでコーティングしてしまえば、 どんなコンディションであっても快適な状態を保つことができると思います。


防水・撥水スプレーはコチラ